がんになっても、無理なく働ける職場づくりをしませんか?

今、企業が従業員の健康に配慮することで経営的にも大きな成果が期待できる「健康経営」に注目が集まっています。
超高齢社会を迎え、労働力人口が減少していく中で、働くがん患者等に寄り添う「健康経営」が企業メリットにもつながるはず。

厚生労働省が発表した「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドイラン」には、治療が必要な疾病を抱えた労働者に対し、就業上の措置や治療への配慮などが適切に行われるよう、企業側の取組み方がまとめられています。
そのガイドラインについて、詳しく解説するセミナーを開催します!

☆7月11日(火)姫路商工会議所 14:00~16:00
『治療と職業生活の両立支援のために』
講師:両立支援促進員(社会保険労務士) 岸野 雄彦 氏

申込はこちらから→http://www.hyogos.johas.go.jp/seminarlist/20170711/