産業保健関係助成金のご案内(平成30年度版)

産業保健関係助成金は、事業者・産業保健関係者の産業保健活動を推進し、労働者の健康確保を図ることを目的とした厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環とした助成金です。

①「ストレスチェック」実施促進のための助成金

小規模事業場(50人未満)が医師と契約し、ストレスチェックを実施した場合の、実施に対する助成と面接指導に対する助成

②小規模事業場産業医活動助成金

産業医コース:小規模事業場(50人未満)が産業医と職場巡視、健診異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約をした場合の助成

保健師コース:小規模事業場(50人未満)が保健師と健診異常所見者や長時間労働者等に対する保健指導等、産業保健活動の全部又は一部を実施する契約をした場合の助成

直接健康相談環境整備コース:小規模事業場(50人未満)が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに契約した、産業医又は保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合の助成

③職場環境改善計画助成金(Aコース)

ストレスチェック実施後の集団分析を踏まえ、専門家の指導に基づき、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、指導費用及び環境整備機器・設備購入費の実費を支給

③職場環境改善計画助成金(Bコース)

ストレスチェック実施後の集団分析を踏まえ、メンタルヘルス対策促進員の助言・支援を受け、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、環境整備機器・設備購入費の実費を支給

④心の健康づくり計画助成金

メンタルヘルス対策促進員の助言・支援を受け、心の健康づくり計画を作成し、計画に基づきメンタルヘルス対策を実施した場合の助成金

※企業単位、個人事業主単位での助成のため、企業の本社機能を有する事業場が対象です。