セミナー・研修名:

転倒予防対策(高年齢労働者を含めて)

日時
2020年7月1日 水曜日
14:00~16:00

場所
兵庫県医師会館 6階 第1会議室

カテゴリー

定員

15席(残り11席)


講 師:大阪労災病院 治療就労両立支援センター 主任理学療法士 浅田 史成氏

内 容:産業保健の現場では、労働者の高齢化に伴い転倒災害が増加している。この背景には、定年後の再雇用制度が存在するが、今後の少子高齢化を考えると、この制度の廃止には至らないと言える。そこで、企業に求められるのは、運動器を中心としたロコモ予防およびサルコペニア対策である。つまり、筋、関節、骨、靭帯とそれを司る神経系の活動を含めて、加齢に伴う低下を極力減らし、かつ増強させるための運動、食事、睡眠を推進することである。生活習慣病対策と同様であるが、肥満を是正し、身体機能を高めることは、膝痛の予防および転倒予防の対策に繋がる。本研修では、上記の内容を産業保健関係者に散っていただき、一般労働者への対策を説明する。

対象者:産業医 産業看護職 人事・労務担当者 衛生管理者

研修方式:講義

  • 申込後すぐに返信メールが届かない場合は、受付が出来ておりません。センターまでご確認のお電話をお願いいたします。(TEL:078-230-0283)
  • 受講をキャンセルされる場合は、必ずセンターまでご連絡ください。無断で欠席された場合、次回以降の受講をお断りする場合があります。
  • 研修・セミナー10日前で、受講希望者が5名に達しない場合は、原則セミナーを中止します。
  • 研修・セミナーに関するご意見は、研修・セミナーの終了後にお願いします。
  • 研修・セミナー会場に、駐車場はご用意しておりません。
  • 各会場につきまして、空調設備が十分に機能しない場合がありますので、体温調節しやすい服装でご参加ください。
  • 自然災害(台風・地震等)・交通機関の運行見合わせ等やむを得ない場合、研修・セミナーを中止いたします。ご了承ください。
  • 予約 ※1人ずつのお申込みでお願いします