産業保健関係助成金のご案内(令和3年度版)

産業保健関係助成金は、事業場内の産業保健活動を推進し、労働者の健康確保を図ることを目的とした、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われている助成金です。当センターの本部である独立行政法人 労働者健康安全機構が行っています。

「ストレスチェック」実施促進のための助成金

派遣労働者を含めて従業員数50人未満の事業場が、ストレスチェックを実施し、また、医師からストレスチェック後の面接指導等の活動の提供を受けた場合の費用助成

②小規模事業場産業医活動助成金

産業医コース:小規模事業場(50人未満)が産業医と職場巡視、健診異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約をし、産業医活動を実施した場合の費用助成

保健師コース:小規模事業場(50人未満)が保健師と健診異常所見者や長時間労働者等に対する保健指導、高ストレス者等に対する健康相談、健康教育等の産業保健活動の全部又は一部を実施する契約をし、産業保健活動を実施した場合の費用助成

直接健康相談環境整備コース:小規模事業場(50人未満)が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかの契約に、労働者が直接健康相談できる環境を整備する条項を含めた契約をし、労働者へ周知した場合の助成

③職場環境改善計画助成金 

事業場コース:ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、専門家の指導に基づき、職場環境改善計画を作成・職場環境の改善を実施した場合の指導費用の助成。(1事業場あたり100,000円を上限とし、将来にわたり1回限り)

建設現場コース:建設業の元方事業者が、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、専門家による指導に基づき職場環境改善計画を作成し、計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に、負担した指導費用の助成。(1建設現場あたり100,000円を上限に将来にわたり1回限り)

心の健康づくり計画助成金

メンタルヘルス対策促進員の助言・支援を受け、心の健康づくり計画を作成し、計画に基づきメンタルヘルス対策を実施した場合の助成(1法人又は1個人事業主当たり、100,000円を将来にわたり1回限り)

※「労働保険(雇用保険・労災保険)」適用事業場であること、登記上の本店又は本社機能を有する事業場であること、当該事業場に雇用されている労働者がいることが対象です。

◎助成金の要件として、メンタルヘルス対策促進員の支援を受ける必要があります。兵庫県内の事業場は、兵庫産業保健総合支援センターにお申込下さい。お申込みはコチラ

⑤治療と仕事の両立支援助成金

環境整備コース:事業者の方が、両立支援コーディネーターの配置と両立支援制度の導入を新たに行った場合に、事業者が費用の助成を受けることができる制度です。(1法人又は1個人事業主あたり、200,000円を将来にわたり1回限り助成)

制度活用コース:事業者の方が、両立支援コーディネーターを活用し、両立支援制度を用いた両立支援プランを策定するとともに、実際に労働者に適用した場合に、事業者が費用の助成を受けることができる制度です。

副業・兼業労働者の健康診断助成金

事業者が、副業・兼業労働者に対して一般定期健康診断を実施した場合の費用助成。

事業場における労働者の健康保持増進計画助成金